"A"Life Park
トップへ戻る ひとつ前のページへ戻る

就農を支援する組織など


 就農相談、技術の習得、資金の確保、農地の取得など就農に必要なことについて、次のようなサポート組織があります。
 わからないことは独断で判断することなく、よく相談しながら就農の準備を進めるようにしてください。

 

 1.地域担い手育成総合支援協議会

 市町村に事務局があり、担い手の経営改善支援や担い手の育成及び確保に向けた取組を行っています。国等の事業の実施主体にもなりますので、あらかじめ相談することをお勧めします。
 ※市町村によっては、地域農業再生協議会が実施しています。

 

 2.農業委員会

 市町村役場の中に農業委員会があります。農業委員会は選挙によって選ばれた農業委員を中心として組織されています。農業委員会では、農地法の許認可などの仕事に加えて、本気で農業をしようとする人へ農地を斡旋するなど、地域の農業生産の担い手を育てることにも力を入れています。
 新規就農を希望する人が農地を取得するには、最終的には農業委員会に行く必要がありますので、あらかじめ相談しておくのも良いでしょう。
※市町村によっては、独自の新規就農対策を実施している場合があります。

 

 3.農業協同組合(農協、愛称:JA)

 市町村には農協やその支所があり、農業経営や農村で生活するうえで、重要な役割を果たしており、大部分の農家が組合員として加入しています。
 農協には、農業全般についての事業をする総合農協と作目(家畜等)別の専門農協があります。
 農業者の大部分が加入しているのは総合農協で、通常農協という場合はこの総合農協を言います。
 農協は、組合員を相手に農業資材・生活物資の販売、農畜産物の集荷・販売、営農・生活資金の貸し出し、貯金の引き受け、生命共済、営農指導など組合員の営農・生活全般に関わる幅広い事業を行っています。
 また、特に各種制度資金を借り入れる場合は、農協が主な窓口となっています。 制度資金では賄えない営農資金なども農協が貸してくれます。

 

 4. 地域県民局地域農林水産部(農業普及振興室)

 県内6カ所に設置されている県の地域県民局地域農林水産部(農業普及振興室)では、担当職員が地域を巡回し、直接、農業者などに対して技術や経営方法についての指導を行うなど、農業や農村の活性化に向けた多面的な活動を展開しています。
 また、新規就農希望者に対して、就農に関連する情報の提供、研修先の紹介、就農計画の作成指導、制度資金の活用に向けた相談などに応じています。
 就農した後も、講座や個別の指導を通じ、また、地元の農協や先進的な農家などと連携しながら、新規就農者の農業経営確立に向けた支援活動を行っています。

 

 5.公益社団法人 あおもり農林業支援センター

 公益社団法人あおもり農林業支援センターは、新たに就農しようとする方への支援や担い手農業者への農用地の利用集積、畜産関係の施設整備等を行っている公益法人です。
 新規就農者に対する支援策として、就農支援資金の貸付けを行っています。
 また、無料職業紹介所として農業法人等の求人紹介、各市町村の地域担い手育成総合支援協議会と連携して就農関係情報の提供や就農相談などの就農支援活動を実施しているほか、農地の貸借や売買に関する農業者への支援も、各市町村の農業委員会と協力して行っています。

 6.農業経営士、青年農業士及び4Hクラブ

(1)農業経営士・青年農業士
 農業経営士とは、地域農業のリーダーとして指導的役割を果たしてもらうため、県が認定している農業者(概ね40歳以上)です。(H26.2月現在 160名)
 農業経営士は、新規就農者等の研修を積極的に受け入れ、いわゆる農業における里親として担い手育成に関する助言指導などのサポートをする役割を担っています。
 また、青年農業士とは、地域農業における若きリーダー役として農業経営士らと連携して地域の若手農業者の指導者として活動してもらうため、県が認定している農業者(25歳〜45歳)です。(H26.2月現在 184名)
 いずれも、新規就農者のよき師匠となりうる心強い味方です。積極的に相談し、地域との関係を築いていきましょう。

(2)4Hクラブ(農業青年クラブ)
 4Hクラブは、自分の目指す農業経営に必要な知識や技術の習得及び調査研究、地域農業を担う仲間との交流を目的に組織されており、県内には11地区153名(H25.7月現在)20代〜30代を中心とした若手農業者がクラブ員として活動しています。
 4Hとは、Hands(腕)、Head(頭)、Heart(心)、Health(健康)の4つの頭文字に由来し、農業の実践を通じて自らを磨くとともに、互いに力を合わせて、よりよい農村、よりよい日本を創ることを意味しています。
 就農後は、ぜひ地域の仲間作りのためにもクラブ活動に参加されることをお勧めします。

 


支援機関のイメージカット

次へ戻る

トップへ戻る
ひとつ前のページへ戻る
青森県農林水産部構造政策課