りんご-生産情報

平成28年りんご生産情報第6号(6月24日)

りんご果樹課2016/06/24
りんご生産情報第6号(6月25日~7月8日)
平成28年6月24日発表
青森県「攻めの農林水産業」推進本部

--------------------------------
仕上げ摘果を急ごう!
有袋栽培に積極的に取り組もう!!
--------------------------------

要 約
 果実肥大は、6月上中旬の日照時間が平年を下回ったことからやや鈍化したが、初期肥大が良好であったこと
から、6月21日現在、各品種とも平年を上回っている。
 仕上げ摘果は、果形や肥大状況、黒星病の被害果などをよく見極めて、できるだけ早く終えるようにする。仕
上げ摘果を終了した園地でも、着果量の見直しを行う。
 「7月初め」の薬剤散布は、黒石、弘前、三戸で、7月1~2日頃に行う。
 津軽地域で黒星病の発生している園地では、間隔を守って薬剤散布を実施するとともに、病原菌の密度を下げ
るために被害葉・被害果を摘み取り、処分するか、土中に埋める。なお、本年は葉や果実のほかに、つる(果
柄)にも発生しているので、被害果はつるごと摘み取る。
 ふじの有袋栽培は、つる割れを軽減することができ、販売戦略上重要であることから積極的に取り組む。
 マメコバチの活動終了後の巣箱は7月上旬ごろに回収し、家屋や小屋の軒下にまとめて保管するなど管理を適
切に行う。
    



平成28年りんご生産情報第6号(6月24日).jtd (170KB)
平成28年りんご生産情報第6号(6月24日).pdf (261KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ