りんご-生産情報

平成29年りんご生産情報第4号

りんご果樹課2017/05/25
りんご生産情報第4号(5月26日~6月7日)
平成29年5月25日発表

青森県「「攻めの農林水産業」推進本部    

------------------------------------------
黒星病の発生確認!                                          
発病葉・果は摘み取り処分の徹底を!!                          
「落花20日後頃」の散布は6月2~3日頃!!                     
良果を見極め、早めの摘果を!!!                              
------------------------------------------

Ⅰ 要 約
 ふじの落花日は、黒石(りんご研究所)で平年より2日早い5月15日、五戸(県南果樹部)で
平年より2日早い5月18日であった。
 「ふじの落花20日後頃」の薬剤散布は、黒石、弘前、三戸で6月2~3日頃に行う。
黒星病の胞子が断続的に飛散しているので、散布間隔は前回散布から10日間隔とし、
散布むらを生じないように、適切な量を散布する。
 5月中旬から黒星病が見られているので、病原菌の密度を下げるため、被害葉や被害果は
見つけ次第、摘み取り処分するか土中に埋める。
 本年は、一部園地で、昨年の成らせすぎや摘果の遅れによる花芽不足が見られたが、
開花量は全般的に多い。実止まりが確認されているが、園地によってカラマツが見られている。
果実品質向上や隔年結果防止のためには、早期適正着果が原則なので、園地の結実状況を確認し、
標準的な着果程度を目安にできるだけ早めに終えるようにする。
 5月に入ってから降水量が少ない状況が続いているので、土壌が乾燥状態にある場合はかん水する。


H29りんご生産情報第4号(5月25日).jtd (124KB)
H29りんご生産情報第4号(5月25日).pdf (203KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ