りんご-生産情報

りんご生産情報第7号(7月6日~7月25日)

りんご果樹課2018/07/06

りんご生産情報第7号(7月6日~7月25日)

平成30年7月5日発表

青森県「攻めの農林水産業」推進本部

 

—————————————————————

仕上げ摘果を急ぎ、着果量の点検を!

黒星病の発病葉・発病果の摘み取り徹底を!!

—————————————————————

 

概要

 7月1日時点での果実肥大は、園地や品種によるばらつきが見られるものの、平年並みから平年をやや上回っている。

 摘果作業は終盤を迎えているが、園地によっては摘果作業が遅れている所もある。まだ仕上げ摘果を終えていない園地では、できるだけ早く適正な着果量とする。また、仕上げ摘果が終了した園地でも、もう一度園地を見て回り、適正着果に努める。

 病害虫の発生は黒星病が津軽地域で広く見られているほか、県南でも見られている。黒星病の発生している園地では、病原菌の密度を下げるために、感染源になる発病葉・発病果を摘み取り、適切に処分するとともに散布間隔をあけないようにする。

 「7月半ば」の薬剤散布は、黒石、弘前、三戸で7月15~16日頃に行う。散布予定日に降雨が予想される場合は、事前散布に徹するとともに、散布村を生じないように適切な量を丁寧に散布する。

 近年、マメコバチの管理が不十分な園地が多い。マメコバチの巣箱をまだ回収していない園地は、速やかに回収し、家屋や小屋のの指揮したなどにまとめて保管する。

 

りんご生産情報第7号(7月6日~7月25日)

りんご生産情報第7号(7月6日~7月25日)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ