臨時情報

臨時農業生産情報(雹害等に対する技術対策)

農産園芸課2008/05/28
臨時農業生産情報
                          (雹害等に対する技術対策)

                                                 平成20年5月28日
                                           青森県「攻めの農林水産業」推進本部

 5月26日の降雹等の影響を受けた地域では、次の事項に留意し、農作物の栽培管理
に万全を期してください。

【りんご】
(1)傷の有無を慎重に確認しながら、2㎜以上の大きい傷のあるものは摘果するが、
  それ以下のものは多めに着果させ、サビなどの被害がはっきりした段階で仕上げ摘
  果を行う。
(2)健全果が少ない場合は、樹勢維持のため被害を受けた果実でも残し、できるだけ
  着果基準を守る。
(3)袋掛けを計画していても被害のひどい場合は無袋とする。
(4)被害園でその後の管理を怠ると、来年の生産にも影響するので、薬剤散布や徒長
  枝管理などの栽培管理は手抜きせず通常どおり行う。

【ぶどう】
(1)折れた新梢は切除し、副梢の発生を促し葉枚数の確保に努める。
(2)被害新梢から伸長した副梢は、基部から4~5葉目で摘心し、結実確保と枝の充
  実に努める。
(3)新梢全体が被害を受け伸長が見込めない場合は、早めに摘み取り、副芽か不定芽
  の発生を促す。
(4)被害を受けた花穂でもできるだけ残し、病害虫防除を徹底する。結実が見込めな
  い場合は摘除する。
(5)生育状況に応じて、伸長が弱い場合は、葉面散布を行い樹勢の回復に努める。花
  穂摘除等により樹勢が強くなる場合は、施肥を控えるとともに摘心により枝の充実
  を図る。

【葉たばこ】(情報提供:青森県たばこ耕作組合)
(1)ほ場に散乱した葉は早めに整理するとともに、排水対策や軽い中耕等を行い、地
  温の上昇と根の機能回復に努める。
(2)病害(空洞病)防止のため、薬剤防除を徹底する。
(3)芯部に影響を受けた株については、わき芽を新たな茎として立たせて、収穫葉の
  確保に努める。
                              
【野菜】
(1)にんにくなどで茎葉が損傷した株では、春腐病などの病害が発生しやすいので速
  やかに薬剤防除を行う。
(2)ながいもなどで植溝が陥没した場合は、陥没部分の土寄せを行う。


5/26ひょう害等臨時情報.jtd (67KB)
5/26ひょう害等臨時情報.pdf (29KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ