臨時情報

臨時農業生産情報(使用済プラスチックの適正処理、野焼き防止)

農産園芸課2008/10/31
臨 時 農 業 生 産 情 報
                (使用済プラスチックの適正処理、野焼き防止)
                                      

                                     平成20年10月31日
                                     青森県「攻めの農林水産業」推進本部

  平成20年の農業生産も終盤を迎え、マルチやハウスビニール、ながいもネットなど
の使用済プラスチックのほか、作物の残さが発生する時期です。
 下記の事項に留意し、使用済プラスチックや作物の残さは適正に処理してください。

                                    記

 1 農業用使用済プラスチックの適正処理
 ○ハウス用ビニールやマルチなどの使用済プラスチック類は、市町村適正処理
  協議会や農協の回収システムなどを利用し適正に処理しましょう。
                                                                           
  【該当するプラスチック製品例】                                     
     施設:ハウス用ビニール、ハウス資材(ハウスバンド、パッカなど)、  
        寒冷紗、かん水チューブなど                                  
     水稲:育苗箱、畦波シート、肥料袋、種籾袋など                      
     野菜:ながいもなどのネット、マルチ、トンネル資材、育苗ポットなど  
     果樹:反射シートなど                                              
     花き:フラワーネットなど                                          

  2 作物残さの有効利用
   ○作物残さの野焼きは、多くの県民の生活に影響を及ぼします。すき込みや堆
    肥化などにより有効利用しましょう。

 3 野焼き(野外の焼却)・不法投棄の禁止 
    ○農業用使用済プラスチックは、法律で産業廃棄物とされ、「使用した者が自
     らの責任で正しく処理しなければならない」と定められており、不法投棄や野
     焼きなどは禁止されています。
  ○野焼きや不法投棄など農家が不適正に処理した場合は5年以下の懲役若しくは
     1,000万円以下の罰金、又はその両方が課せられます。


臨時農業生産情報(使用済プラスチックの適正処理、野焼き防止).pdf (13KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ