臨時情報

臨時農業生産情報(低温に対する技術対策)

農産園芸課2009/07/22
臨 時 農 業 生 産 情 報
                          (低温に対する技術対策)

                                         平成21年7月22日
                                 青森県「攻めの農林水産業」推進本部


   仙台管区気象台が7月21日に発表した「異常天候早期警戒情報」によると、
 7月26日頃からの約1週間は、かなりの低温になる見込みです。 
  このため、今後の気象情報に十分注意し、次の点に留意して、低温による被害
 の防止に努めてください。

1 水 稲
(1)今後、低温に最も弱い穂ばらみ期に入るので、可能な限り水温の上昇を図り
  ながら、15cm以上の深水にして幼穂を保温する。

(2)ほ場をよく見回り、畦畔を点検・補強して漏水防止に努める。

2 野菜・花き
(1)ハウス及びトンネル栽培では、品目毎の生育適温を確保するように管理を徹
  底する。

(2)灰色かび病など低温性病害の多発が懸念されるので、早期発見・早期防除に
  努める。


臨時農業生産情報(低温に対する技術対策).jtd (34KB)
臨時農業生産情報(低温に対する技術対策).pdf (28KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ