臨時情報

臨時農業生産情報(日照不足等に対する技術対策)

農産園芸課2009/08/05
臨 時 農 業 生 産 情 報
                      (日照不足等に対する技術対策)

                                    平成21年8月5日
                                    青森県「攻めの農林水産業」推進本部


 青森県では、先月から梅雨前線や低気圧の影響で、ぐずついた天気が続き、トマトの着色遅延など
農作物への影響がみられています。 
 このため、次の点に留意して、農作物の栽培管理に努めてください。


1 水 稲
(1)水深10㎝程度の深水管理で開花・受精を促す。

(2)いもち病の予防防除を徹底する。

2 畑作・野菜・花き
(1)大豆など水が停滞しているほ場では、明きょを設置し速やかに排水する。

(2)ハウス栽培では、品目毎の生育適温を確保するように管理を徹底する。
   特に、夏秋トマトでは、温度管理をこまめに行い、果実の着色促進を図る。

(3)生育が遅れている品目では、葉面散布を行うなど生育の回復に努める。

(4)トマトの灰色かび病、ながいもの葉渋病やねぎのさび病など病害が増加するお
  それがあるので、早期発見・早期防除や計画的な予防防除などを徹底する。
      なお、最新の病害虫発生予察情報については、アップルネットの「平成21年
  度病害虫発生予察」を参考にする。

臨時農業生産情報(日照不足等に対する技術対策).jtd (34KB)
臨時農業生産情報(日照不足等に対する技術対策).pdf (29KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ