臨時情報

臨時農業生産情報(暴風雪に対する技術対策)

農産園芸課2016/02/29
            臨 時 農 業 生 産 情 報
             (暴風雪に対する技術対策)


                              平成28年2月29日
                       青森県「攻めの農林水産業」推進本部


 青森地方気象台発表(2月29日6時26分)の「暴風雪と高波に関する青森県気象情報第2号」によると、
低気圧が急速に発達しながら北海道付近を通過するため、冬型の気圧配置が強まり、本県では3月1日未明から
昼前にかけて暴風雪となるおそれがあります。
 今後の気象情報に注意して、被害の未然防止と軽減に努めてください。


1 共通事項
(1)倒壊の恐れのある施設には近づかない。
(2)ハウス等の雪下ろしを行う際には複数人で作業する。

2 りんご等果樹
(1)大雪の際は、まだ雪が新しく軽いうちに樹上の雪下ろしを行う
(2)腐らん病にり病した樹は折れやすいので、支柱等で補強する。
(3)ぶどうの垣根、なし棚、ハウス施設等は、支柱等で補強する。

3 野菜・花き等のハウス
(1)ビニールハウスでは、倒壊したり被覆資材が飛散しないよう施設の点検、補修を行うとともに、マイカ線
  や支柱などで補強する。
(2)ハウス内の暖房で落雪を促すとともに、側面に積もった雪は速やかに除排雪する。
(3)ハウスが破損した場合は、速やかに補修し保温に努める。
  
4 畜産
(1)ロールベールサイレージは、ストレッチフィルムの破損を防ぐためシート等で覆う。
(2)大雪による畜舎等の倒壊を防ぐため、屋根の雪下ろしや支柱による補強を行う。


280229臨時農業生産情報(暴風雪に対する技術対策).jtd (39KB)
280229臨時農業生産情報(暴風雪に対する技術対策).pdf (86KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ