臨時情報

臨時農業生産情報(日照不足と低温に対する技術対策)

農産園芸課2019/07/08

            臨時農業生産情報(日照不足と低温に対する技術対策)
                                   令和元年7 月8 日
                           青森県「攻めの農林水産業」推進本部

 

      青森地方気象台発表(令和元年7月8日15時33分)「日照不足と低温に関する
     青森県気象情報第1号」によると、下北と三八上北を中心に今後2週間程度、日照時
     間の少ない状態が続くほか、気温も平年に比べ低い状態が続き、かなり低くなる日が
     ある見込みです。
      今後の気象情報に注意し、次の事項に留意して、被害の未然防止と軽減に努めてく
     ださい。

 

     1 水稲
     (1)最低気温が17度以下になると予想される場合には、中干しを直ちに中止し、
       幼穂形成期前は5~6cmのやや深水、幼穂形成期に達したら、10cmの深水
       にして稲を保温する。
     (2)ほ場を良く見回り、畦畔を補強して漏水防止に努める。

 

     2 野菜・花き
     (1)施設栽培では、生育適温を確保するよう、ハウス開口部を早めに閉めるなど温
       度管理を徹底する。
     (2)灰色かび病、べと病などの低温性病害の早期発見・早期防除を徹底する。

 

190708臨時農業生産情報(日照不足と低温に対する技術対策)

190708臨時農業生産情報(日照不足と低温に対する技術対策)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ