臨時情報

臨時農業生産情報(冬期間の風雪及び大雪に対する技術対策)

農産園芸課2022/11/30

臨時農業生産情報(冬期間の風雪及び大雪に対する技術対策)

 

令和4年11月30日

青森県「攻めの農林水産業」推進本部

 

 青森地方気象台発表(2022年11月30日5時44分)「大雪に関する青森県気象情報 第1号」によると、青森県では、30日夜から12月2日にかけて大雪となる所がある見込みです。

 また、これから本格的な降雪期を迎えますので、日頃から気象情報に注意し、被害の未然防止と軽減に努めてください。

 

1 りんご等果樹

(1)苗木や幼木では、主幹や枝をひもなどで支柱にきつく結束する。

(2)わい性台樹では、枝の中央部からやや先を枝先が上向きになる程度まで吊り上げる。不要な下枝などは剪去する。

(3)普通台樹の成木では、雪害を受けそうな枝に支柱を入れるとともに、不要な枝を大枝単位に剪去する。また、樹上に雪が積もりにくくなるように、徒長枝は剪去し、切り口に塗布剤を塗る。裂開の生じている樹は、カスガイやボルトで補強する。

(4)融雪促進剤は事前に園地に運搬しておく。

(5)大雪の際は、雪が新しいうちに、樹上の雪下ろしや雪に埋もれた枝先を抜き上げる。

(6)枝が折れ、ゆ合に見込みがない(主枝が欠落又は木質部と樹皮が3分の2以上裂開)場合は剪去し、切り口に塗布剤を塗る。

(7)ゆ合が可能な場合は、普通台樹では傷口を密着させて、カスガイやボルト等で補強し支柱で支える。わい性台樹ではビニールなどできつく縛って密着させ、ひもなどで吊り上げる。

 

2 野菜・花き等のハウス

(1)倒壊したり被覆資材が飛散しないようハウスの点検、補修を行うとともに、マイカ線や支柱などで補強する。

(2)ハウスに積もった雪は早めに下ろす。また、ハウス内を暖房して融雪を促し、落雪を容易にする。

(3)ハウス側面に積もった雪は、速やかに除排雪する。

(4)ハウスが破損した場合は、速やかに補修し保温に努める。

(5)冬期間利用しないハウスは、倒壊しないようビニールをはいでおく。

 

3 畜産

(1)ロールベールサイレージは、ストレッチフィルムの破損を防ぐため、シート等で覆う。

(2)畜舎等は、破損を防ぐための補強をするとともに、シャッターや窓などを完全に閉める。

(3)積雪による畜舎等の倒壊を防ぐため、屋根の雪下ろしを行う。

(4)フィルム製の屋根材を使用している堆肥舎等については、施設側面の除排雪を行う。

 

221130 臨時農業生産情報(冬期間の風雪及び大雪に対する技術対策)

221130 臨時農業生産情報(冬期間の風雪及び大雪に対する技術対策)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ