病害虫発生予察情報

令和元年 病害虫発生予報第5号(8月予報)

病害虫防除所2019/07/31

令和元年度病害虫発生予報第5号(8月予報)

 

水稲:コバネイナゴはやや多い、穂いもち、紋枯病、斑点米カメムシ類、フタオビコヤガは平年並、ウンカ類はやや少ない、コブノメイガは少ないと予想される。
大豆:紫斑病はやや多い、べと病、マメシンクイガ及びハスモンヨトウは少ない、ウコンノメイガはやや少ないと予想される。
りんご:斑点落葉病は津軽地域でやや少なく、県南地域でやや多いと予想される。クワコナカイガラムシ、モモシンクイガ、ナミハダニはいずれも平年並、リンゴハダニはやや少ないと予想される。
特産果樹:ぶどうのべと病は平年並、晩腐病はやや少ない、褐斑病はやや多いと予想される。もものせん孔細菌病は津軽地域でやや多く、県南地域で平年並と予想される。
野菜:アブラナ科野菜のコナガ、ヨトウガ、アブラムシ類はやや少ないと予想される。ねぎのべと病は津軽地域で少なく、県南地域でやや多い、さび病は平年並、斑点性病害はやや多い、ネギコガは津軽地域でやや多く、県南地域でやや少ない、ネギアザミウマは津軽地域で多く、県南地域でやや少ない、ネギハモグリバエは平年並と予想される。ながいもの葉渋病、炭疽病は平年並、ナガイモコガはやや多い、アブラムシ類は多いと予想される。野菜共通のオオタバコガはやや多いと予想される。

 

詳細は添付ファイルを参照してください。

20190731_予報_青森県_第5号

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ