畑作・野菜

平成27年度野菜畑作生産情報(第5号)

農産園芸課2015/08/20
野菜畑作生産情報 第5号(要約版)

平成27年8月20日     
青森県「攻めの農林水産業」推進本部
---------------------------------------------
◎病害虫防除と排水対策を徹底しましょう! 
◎適正な温度管理と肥培管理を徹底しましょう!
---------------------------------------------

○大 豆
 1 生育は、平年を上回っている。
 2 食葉性害虫の早期発見・早期防除を徹底するとともに、マメシンクイガや紫斑病の適期防除に努める。
 3 台風や大雨に備え、滞水しないように明きょ等の排水対策を徹底する。

○小 麦(は種の準備)
 1 適期(9月15日~25日)には種できるようほ場を準備する。
 2 ほ場の団地化を図り、明きょや弾丸暗きょなどで十分な排水対策を行う。
 3 紅色雪腐病の被害を予防するため、種子消毒を行う。

○ながいも
 1 生育は順調で、地上部、地下部とも平年を上回っている。
 2 葉渋病、炭疽病など病害の予防防除を徹底するとともに、ナガイモコガ、アブラムシ類などの害虫の早期
  発見・適期防除に努める。
 3 台風や大雨に備え、ネットや支柱の補強、降雨後の停滞水の排水対策を徹底する。また、植溝が陥没した
  ときは速やかに埋め戻す。

○にんにく(植付の準備)
 1 病害虫が発生していないほ場を選んで作付けする。
 2 土壌改良資材の施用量は土壌診断結果に基づいて決める。また、堆きゅう肥の施用は指導機関に相談し、
  適正に行う。
 3 病害虫に汚染されていない種子を確保し、種子消毒を徹底する。

○夏だいこん
 1  生育は順調で、地上部は平年並から上回っている。
 2 軟腐病、キスジノミハムシの防除を徹底する。

○秋にんじん
 1 生育は順調で、地上部、地下部とも平年を上回っている。
 2 ヨトウムシや黒葉枯病の早期発見・早期防除に努める。

○ご ぼ う
 1 生育は順調で、草丈は平年並である。
 2 黒斑細菌病等の防除に努める。

○夏秋トマト
 1 5月上旬定植では、6段果房の収穫期である。
 2 肩換気や遮光資材などによる適正な温度管理を徹底する。また、きめ細やかな
  かん水、適切な肥培管理により草勢の維持に努める。
 3 9月以降は裂果の発生が多くなるので、土壌水分が極端に変化しないようにする。
 4 灰色かび病、葉かび病、アザミウマ類の定期的な防除及びタバコガ類、コナジラミ類の早期発見・早期防
  除に努める。

○ね ぎ
 1 草丈、茎径とも平年を下回っている。
 2 最終培土は、収穫の30日前頃に行い、葉の分岐部まで丁寧に土を寄せ、軟白長30cm以上を確保す
  る。
 3 べと病、さび病、黒斑病、ネギアザミウマ等病害虫の早期防除に努める。

────────────────────────────────────────
 ◎ほ場を見回るなど農作物の盗難防止に努めましょう。
────────────────────────────────────────
 ◎決め手は土づくり! 日本一健康な土づくり運動展開中!
────────────────────────────────────────
 ◎農薬は適正に使用しましょう。
  1 農薬の飛散を防止する!
  2 農薬は使い切り、河川等へ絶対捨てない!
  3 農薬を使用する場合には、必ず最新の農薬登録内容を確認!  
  農薬情報(http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_info/)
  農薬登録情報検索システム(http:www.acis.famic.go.jp/index_kensaku.htm)
────────────────────────────────────────
 ◎農作業中は熱中症に気をつけましょう。
  1 日中の暑い時間帯は作業を避けるとともに休憩をこまめに取る!
  2 通気性の良い作業着や帽子を着用し、汗で失われる水分や塩分を十分に補給する!
────────────────────────────────────────


H27野菜畑作生産情報第5号(本文).jtd (151KB)
H27野菜畑作生産情報第5号(本文).pdf (533KB)
H27野菜畑作生産情報第5号(要約版).jtd (72KB)
H27野菜畑作生産情報第5号(要約版).pdf (491KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ