畑作・野菜

平成27年度野菜畑作生産情報(第7号)

農産園芸課2015/10/20
野菜畑作生産情報第7号(要約版)

平成27年10月20日
青森県「攻めの農林水産業」推進本部

──────────────────
◎適期収穫で良品生産に努めましょう!
◎小麦の排水対策を徹底しましょう!
──────────────────

○大豆
1 成熟期は平年並から早く、収穫適期に達したほ場も見られる。
2 ほ場毎に成熟期を確認し、計画的に刈取りを行い、適期収穫に努める。

○小麦
1 は種後の生育は、概ね良好である。
2 明きょの設置など排水対策を徹底して湿害を防止する。
3 雪腐病の発生が懸念されるほ場では、11月中旬から下旬頃に薬剤散布する。

○ながいも
1 いもの肥大は概ね順調である。
2 収穫は、茎葉が完全に黄変し、試し掘りでアクが発生しないことを確認して
 から開始する。
3 茎葉の絡んだ「ながいもネット」は、堆肥化等により減量し、ネットと茎葉を分別
 した上で適正に処理する。

○秋冬だいこん
1 生育は平年より遅れているが、品質は良好である。
2 ほ場毎の試し掘りで肥大状況を確認し、適期に収穫する。

○ねぎ
1 8月中旬から下旬の低温・日照不足の影響で、細めの傾向である。
2 生育状況を確認し、適期に収穫する。

○冬期間のハウス栽培
1 降雪、強風等に備えて、ビニールやマイカ線などの点検・補修を行う。
2 二重被覆などにより保温効率を高め、きめ細かな温度管理で省エネルギーに努める。
3 ハウス内は、循環ファン等を設置して施設内の温度ムラを減らすとともに、時間帯
 に応じた細やかな管理ができる変温装置を活用したり、暖房機の温度を生育適温の下
 限に設定するなど燃料の節約に努める。
 施設園芸省エネルギー生産管理マニュアル
 (http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/nenyu_koutou/n_energy/pdf/manual.pdf)
 施設園芸省エネルギー生産管理チェックシート
 (http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/nenyu_koutou/n_energy/pdf/check.pdf)

────────────────────────────────────────
 ◎ハウス用ビニールやマルチなどの使用済プラスチック類は、市町村適正処理協議会や
 農協の回収システムなどを利用し、適正に処理しましょう。
────────────────────────────────────────
 ◎日本一健康な土づくり強化月間(平成27年9月~11月)
────────────────────────────────────────
 ◎秋の農作業安全運動展開中!(8月15日~10月31日)
────────────────────────────────────────
 ◎農薬は適正に使用しましょう。
   農薬情報(http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_info/)
  農薬登録情報検索システム(http:www.acis.famic.go.jp/index_kensaku.htm)
────────────────────────────────────────
 ◎ほ場を見回るなど農作物の盗難防止に努めましょう。
────────────────────────────────────────


H27野菜畑作生産情報第7号(本文).jtd (110KB)
H27野菜畑作生産情報第7号(本文).pdf (540KB)
H27野菜畑作生産情報第7号(要約版).jtd (72KB)
H27野菜畑作生産情報第7号(要約版).pdf (515KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ