畑作・野菜

平成28年度野菜畑作生産情報(第2号)

農産園芸課2016/05/19
       野菜畑作生産情報 第2号(要約版)


                             平成28年5月19日

         青森県「攻めの農林水産業」推進本部

◎小麦の出穂期が早まっているので、赤かび病の適期防除に努めましょう!
◎野菜の生育が早まっているので、適正管理を徹底しましょう!

○小  麦
 1 出穂期は、平年より5~7日早まっている。
 2 うどんこ病は、止葉直下葉に病斑の発生が見られたら、直ちに薬剤散布を行う。
 3 赤かび病は、開花始めから開花期に1回目、その7日後に2回目の薬剤散布を行う。
 4 湿害防止のため、ほ場の排水に努める。
 5 収穫期が早まることが予想されるため、6月下旬以降の収穫に備える。

○にんにく
 1 りん片分化期が平年より早く、今後の生育も早まる見込み。
 2 春腐病は、降雨前の予防防除を徹底する。さび病は、効果持続期間が長い薬剤を
  散布して、病勢の進展を抑える。
 3 抽だいが始まったら、とうを摘み取り、球の肥大を促す。

○ながいも
 1 基肥は、萌芽期施肥とし、萌芽が50%程度の時期に行う。
 2 普通栽培の植付適期は5月中旬~6月上旬なので、計画的に植え付ける。切りい
  もは5月下旬からとし、切断後早めに植える。

○春夏にんじん
 1 生育は平年を上回っている。
 2 トンネル栽培では、本葉5~6枚時までに、1本立てとする。トンネル開閉によ
  る温度管理を徹底し、6月上旬(平均気温15℃以上)をめどに除覆する。追肥は、
  本葉5~6枚時に行う。
  3 べたがけ栽培では、本葉3~4枚時までに1本立てとする。除覆は本葉5~6枚
  時を目安とするが、この時期に低温が予想される場合は、本葉7枚頃まで除覆せず
  保温に努める。追肥は、本葉3~4枚時と5~6枚時に行う。

○春だいこん
 1  生育は平年を上回っている。
 2 根部の肥大状況を確認しながら適期に収穫する。
 3 キスジノミハムシの発生が見られるほ場では、トンネル除去後、早めに防除する。
○ばれいしょ
 1 萌芽期が平年より早く、生育は平年を上回っている。
 2 1回目の中耕・培土は、草丈10㎝頃を目安に行い、2回目は、着蕾期に窒素成
  分で10a当たり4~5kg追肥してから行う。

○メロン
 1 定植は平年より3~5日遅れている。活着は良好で、生育は概ね順調である。
 2 トンネル内温度は15~30℃を目標に換気し、雌花の確保と生育促進に努める。
 3 蜂の動きが活発でないときは人工交配を行う。また、不順天候の場合はホルモン
  処理を併用する。


◎メロンやいちごなどの園芸作物で、花粉交配用ミツバチが確保できない場合には、
 各地域県民局地域農林水産部まで御相談ください。

◎決め手は土づくり! 日本一健康な土づくり運動展開中!

◎農薬は適正に使用しましょう。
  1 農薬の飛散を防止する!
  2 農薬は使い切り、河川等へ絶対捨てない!
 3 農薬を使用する場合には、必ず最新の農薬登録内容を確認!  
農薬情報(http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_info/)
農薬登録情報検索システム(http://www.acis.famic.go.jp/search/vtllp301.jsp)

◎春の農作業安全運動を展開中です(4月1日~5月31日)
 例年、4~5月は、農作業事故が多くなる時期となっています。
 1 70歳以上の方による農作業事故が増加しています。農作業は焦らず、急がず、
   慎重に!
 2 機械操作や高所作業等においては、ヘルメットを着用しましょう!
 3 万一の事故に備えて、労災保険や農機具共済等に加入しましょう!



野菜畑作生産情報 第2号(本文).jtd (141KB)
野菜畑作生産情報 第2号(本文).pdf (551KB)
野菜畑作生産情報 第2号(要約版).jtd (71KB)
野菜畑作生産情報 第2号(要約版).pdf (484KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ