畑作・野菜

平成30年度野菜畑作生産情報(第1号)

農産園芸課2018/04/19

野菜畑作生産情報第1号(要約版)

                             平成30年4月19日
                              青森県「攻めの農林水産業」推進本部

 
────────────────────────────────────────────
 ◎ 小麦の生育は平年並から下回っている。適切な追肥で生育量と品質を確保しよう!
 ◎ にんにくの生育は平年並からやや早まっている。適期追肥と春腐病等の防除を徹底しよう!
────────────────────────────────────────────

○小麦
 1 生育は平年並から下回っている。
 2 2回目の追肥は止葉抽出期から出穂期に生育量をみて適切に行う。
 3 うどんこ病と赤かび病の適期防除に努める。

○にんにく
 1 生育は、平年並からやや早まっている。
 2 追肥は、りん片分化期等の生育状況を確認しながら適期に行う。
 3 さび病、春腐病の早期発見、早期防除に努めるとともに、春腐病の被害株は抜き取
 って処分する。

○ながいも
 1 春掘作業は、おおむね平年並となっている。芽が動くなどの品質低下を招くので、
  4月末までに作業を終える。
 2 トレンチャー耕は、穴落ちなどを防ぐため適正速度を守る。
 3 栽培法に合わせて種いもを準備するとともに、早植栽培では4月下旬から5月上旬
  に植付けする。

○トンネルにんじん、だいこん
 1 好天時は換気し、適正な温度管理に努める。

○トマト、メロン
 1 苗の生育は、平年並である。
 2 定植に向けて徐々に気温を下げて順化する。ただし、降霜が予想される時や低温時
  には、二重被覆等で保温に努める。
 3 地温の確保のため、早めにマルチングを行うなど、ほ場準備を計画的に進める。 
────────────────────────────────────────────
◎育苗中や定植間もない農作物は、降霜等の影響を受けやすいので、週間天気予報などに十分注意し、
 適正な栽培管理に努めましょう。
────────────────────────────────────────────
◎決め手は土づくり! 日本一健康な土づくり運動展開中!
 ほ場の準備に当たっては、土壌診断に基づいた土づくりに努めましょう。
────────────────────────────────────────────
◎農薬の使用に当たって、
 農薬は適正に使用しましょう。
 農薬の飛散を防止しましょう。
 農薬は使い切り、河川等へ絶対捨てないようにしましょう。
 クロルピクリン剤など土壌くん蒸剤を使用する際は、必ずポリエチレンフィルム等(厚さ0.03mm以上または
 難透過性の資材)で被覆してください。
 農薬を使用する場合には、必ず最新の農薬登録内容を確認してください。
 農薬情報(http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_info/)
 農薬登録情報提供システム
 【詳細検索】(http://www.acis.famic.go.jp/search/vtllp301.jsp)
 【作物名検索】(http://www.acis.famic.go.jp/search/vtllp101.jsp)
────────────────────────────────────────────
◎春の農作業安全運動を展開中です(4月1日~5月31日)
 例年、4~5月は、農作業事故が多くなる時期となっています。
 体調やまわりの状況を確認し、安全な農作業に努めましょう。
 1 慣れた作業でも油断」せず、注意して行いましょう。
 2 必ず、作業の合間に十分な休憩を取りましょう。
 3 自分を過信しすぎず、無理のない作業を行いましょう。
 4 一人での作業は避け、やむを得ず一人で作業を行う場合は、家族に作業場所を伝え、携帯電話を持ちま
  しょう。
 5 家族や周りの人など、地域全体で注意を呼びかけましょう。
────────────────────────────────────────────

 

H30野菜畑作生産情報第1号(本文)

H30野菜畑作生産情報第1号 (本文)

H30野菜畑作生産情報第1号(要約版)

H30野菜畑作生産情報第1号 (要約版)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ