特産果樹-生産情報

令和2年特産果樹生産情報第3号

りんご果樹課2020/05/29

特産果樹生産情報第3号(5月30日~6月26日)

令和2年5月29日発表

 


 生育に応じた適期管理の徹底を!

おうとうの裂果防止対策を万全に!!

もも、西洋なしは病害虫防除対策を万全に!!!


 

要約

○生育は、各樹種ともほぼ平年並となっている。
○ぶどうは、摘心、ジベレリン処理、摘粒等の管理作業を適期に行う。
○おうとうは、裂果防止のため着色し始めた頃から雨よけ被覆をし、適期収穫に努める。
○ももは、硬核期(例年は満開44~75日後)前に仕上げ摘果を終え、良品生産と樹勢維持に努める。昨年、せん孔細菌病の発生が多かった園地では、薬剤散布だけではなく耕種的防除も徹底する。
○なしは、「落花25日後頃」までに仕上げ摘果を終え、良品生産と樹勢維持に努める。西洋なしでは、6~7月の幼果期は輪紋病に最も感染しやすいので、10日間隔で薬剤散布を行う。

 

特産果樹生産情報第3号(5月29日)

特産果樹生産情報第3号(5月29日)

 

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ