花き

花き生産情報第5号(平成27年8月20日)

農産園芸課2015/09/10
 花き生産情報第5号 

            平成27年8月20日発表 
            青森県「攻めの農林水産業」推進本部 
──────────────────────────────────────── 
◎ハウスの換気や遮光をこまめに行う等、温度・湿度管理を徹底しましょう!
◎切り花の品質保持のため、収穫は涼しい時間帯に行い、速やかに水揚げしましょう!
──────────────────────────────────────── 
┌────────────┐ 
│夏秋ギク(7~9月出荷)│ 
└────────────┘ 
1 生育状況 
  開花、収穫期は、平年より早まっている。 
  病害虫は、白さび病、アザミウマ類、アブラムシ類が散見される。 

表-1 収穫物調査 
──────────────────────────────────────── 
 場 所  年 次  品 種  定植月日  切花長  切花重  採花本数  収穫盛期 
                    (cm)   (g)   (本/a) 
──────────────────────────────────────── 
 平川市 本 年 岩の白扇  5月 2日   98.1  70.1  2,496   8月 3日 
      平 年 岩の白扇  4月25日  106.3   77.4  2,310   8月 3日 
      (平年差・比)     (遅7日)   (92%)  (91%)  (108%)     (0日) 
     前 年  岩の白扇  4月23日 108.3  85.5  2,560   7月28日 
──────────────────────────────────────── 
注1 平川市の平年値:平成20年~26年の平均 
注2 栽植本数等(本年):3,200本/a、無摘心 

2 今後の作業
(1)病害虫の防除
     白さび病やアザミウマ類等の薬剤散布を定期的に行うとともに、早期発見・早期防除に努める。
(2)親株の確保
     収穫が終わった株を翌年の親株にする場合は、病害虫の発生株や生育の劣る株を抜き取り、健全なもの
  を残す。                
(3)親株の管理
     親株は、地際から約10㎝の高さで刈り込み、直ちに追肥し、土寄せする。追肥量はa当たり窒素成分
  で0.2~0.3㎏を目安とする。

┌───────────────┐ 
│秋 ギ ク(10~11月出荷)│ 
└───────────────┘ 
1 生育状況 
  定植後の生育は順調である。 
  病害虫は、アブラムシ類の発生が多く、アザミウマ類やハダニ類が散見される。 

表-2 生育調査(8月10日現在) 
──────────────────────────────────────── 
 場  所   年 次  品 種   定植期   草 丈  葉 数 
                                     (月日)   (cm)  (枚) 
──────────────────────────────────────── 
 新郷村   本 年  神馬2号 7月21日    17.8    14.4  
        平 年  神馬2号  7月11日    33.5    23.3  
       (平年差・比)     (遅10日)  (53%)  (62%) 
       前 年   神馬2号 7月21日  20.0  13.7 
 
 五所川原市 本 年  神 馬  7月 4日  41.6  20.4 
              平 年   神  馬   7月  7日    31.3    16.8  
       (平年差・比)      (早3日)  (133%)  (121%) 
        前 年 神 馬  7月 7日  32.2  16.9
──────────────────────────────────────── 
注 平年値:新郷村は平成21~26年の平均
      五所川原市は平成22~26年の平均

2 今後の作業
(1)芽かき
   花芽ができて5~7日経つとわき芽が伸びてくるので、小さいうちにかき取る。
(2)花首の伸長抑制(施設栽培のみ)
   花首の伸びやすい品種は、伸長抑制のためビーナイン顆粒水溶剤又はキクエモンを発蕾期から摘蕾期に
  散布する。
(3)病害虫防除
   高温乾燥時に害虫の発生が多くなるので、アザミウマ類、ヤガ類、アブラムシ類、ハダニ類の発生に注
  意し、早期発見・早期防除に努める。
   白さび病は、降雨後などの多湿な条件で発生しやすいため、予防散布を定期的に行う。

┌─────────┐                        
│トルコギキョウ  │                       
└─────────┘ 
1 生育状況
     4月中に定植したものは、概ね8月上旬までに出荷された。
     病害の発生は見られないが、害虫ではアザミウマ類が散見される。

 表-3  収穫物調査
──────────────────────────────────────── 
 場  所 年 次  品 種    定植月日  切花長  切花重 節 数  収穫盛期 
                      (cm)  (g)  (節)   
──────────────────────────────────────── 
 青森市   本 年  はるか   4月11日   61.8   49.0  14.2  8月 7日 
      前 年  シュークリーム   4月 3日   78.0   93.0  13.6  8月10日 
      一昨年  シュークリーム   4月25日   63.8   54.5  13.4  8月11日 

 田舎館村 本 年 セレブピンク  4月24日  72.6  103.8  13.3  8月 7日 
      前 年  セレブピンク   4月19日   78.0   126.7  14.9  8月 5日 
      一昨年  セレブピンク   4月16日   72.0   156.0  11.0  8月 9日 
──────────────────────────────────────── 
※ 品種変更のため両地区平年値なし

2 今後の作業
(1)かん水・温度管理
     発蕾後は徒長しないように、かん水量を除々に減らす。ハウス内の日中の温度が25℃以上にならない
  よう換気し、遮光・遮熱資材の活用などによる温度管理を徹底する。
(2)病害虫防除
   ハモグリバエ類、ヤガ類、アザミウマ類の発生に注意し、防除を徹底する。
(3)収穫・調製
      朝夕の涼しい時間帯に収穫し、速やかに鮮度保持処理を行う。


  花き生産情報第6号は平成27年9月17日発行の予定です。
──────────────────────────────────────── 
 ◎農作業中の熱中症に注意しましょう! 
  ~熱中症の予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です~ 
──────────────────────────────────────── 
 ◎農薬危害防止運動実施中(5月1日~8月31日) 
  ~農薬情報(http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_info/)~ 
──────────────────────────────────────── 
 ◎決め手は土づくり!「日本一健康な土づくり運動」展開中! 
──────────────────────────────────────── 



花き生産情報第5号.jtd (207KB)
花き生産情報第5号.pdf (494KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ