花き

花き生産情報第1号(平成28年4月20日)

農産園芸課2016/04/20
花き生産情報第1号

                          平成28年4月20日発表
                          青森県「攻めの農林水産業」推進本部

────────────────────────────────────────────
施設内の温度変化が激しい時期です。適正な栽培管理により高品質な花きの生産に努めましょう。
────────────────────────────────────────────

☆夏秋ギク

1 生育状況
 8月上旬に出荷する作型で使用する苗は、生育が順調であることから定植作業は予定どおりに進
 むことが見込まれる。病害虫の発生はほぼ見られていない。

2 今後の作業
(1)ほ場の排水対策
 滞水しているほ場では、排水対策を十分に行い定植に備える。
(2)育苗
 ア 挿し芽後は、10~25℃を目安に、こまめな換気等を心がける。定植1週間前からは徐々
   に低温にならし、順化させる。
 イ 過湿などによる白さび病の発生防止のため、苗の定植前に薬剤を予防散布する。
(3)定植
 ア アザミウマ類の発生防止のために、ほ場や施設周りでは定植前に古株や雑草などの残渣を徹
   底的に片づける。
 イ 十分な生育量を確保するため、定植作業は4月下旬~5月上旬までに行い、老化苗は生育が
   劣るので使用しない。
(4)定植後の管理
 ア 4月から5月の晴天時は、施設の温度が急激に上昇するので、換気をこまめに行う。
 イ 低温や降霜が予想されるときは、保温資材で二重被覆する。

☆トルコギキョウ

1 生育状況
 越冬栽培の生育は、暖冬の影響で全般にやや早まっている。
 苗の生育は順調で、定植作業は平年並みの3月下旬から始まり、今後6月にかけて順次行われる
 見込みである。病害虫の発生は見られていない。

2 今後の作業
(1)育苗
 ア は種直後は発芽適温である20~25℃で管理し、発芽が揃った後は徐々に温度を下げ、1
   5~20℃で管理する。
 イ 育苗中は用土が乾燥しないように注意し、十分かん水する。
(2)定植床の準備
 ア ほ場は、連作にならないように選定する。
 イ 土壌消毒を行ったほ場では、土壌中の窒素量が増加するため、土壌診断に基づき基肥の量を
   減らす。
 ウ 土壌酸度の矯正及び基肥の施用は定植2週間前までに済ませ、土に十分なじませておく。
 エ 初期の水分が不足すると、根の生育が抑制され切り花品質が劣るので、うねを作る前から水
   分が下層部へ行き渡るように十分かん水する。
 オ 乾燥の恐れがある場合は、うね面に被覆資材を張り乾燥を防止する。
(3)定植
 ア 活着促進のため地温は12℃以上を確保する。定植後は土を落ち着かせるようにかん水して
   活着を早める。
 イ 8月上旬出荷の作型では、4月下旬を定植の目安とする。
 ウ 老化苗は生育が劣るので、本葉が4枚展開するまでに定植する。
(4)定植後の管理
 ア 発らいまでは乾燥させないように管理する。
 イ 気温が25℃以上になると生育の停滞やロゼットの要因となるので、換気等温度管理を徹底
   する。


花き生産情報第2号は平成28年5月19日発行の予定です。
───────────────────────────
春の農作業安全運動を展開中です(4月1日~5月31日)
───────────────────────────
決め手は土づくり!「日本一健康な土づくり運動」展開中!
───────────────────────────
◎農薬危害防止運動(5月1日~8月31日)
1 ラベルの記載事項を守りましょう。
2 防護服をしっかり着用しましょう。
3 周辺環境への配慮をしましょう。
~農薬情報(http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_info/)~
───────────────────────────

花き生産情報第1号.pdf (353KB)
花き生産情報第1号_要約版.pdf (328KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ