花き

花き生産情報第2号(平成28年5月19日)

農産園芸課2017/05/19
花き生産情報第2号 

                          平成28年5月19日発表 
                          青森県「攻めの農林水産業」推進本部 

──────────────────────────────────────────── 
施設内の温度変化が激しい時期です。適正な温度管理により高品質な花きの生産に努めましょう。
土壌診断に基づいた施肥設計で、バランスの良い土づくりに努めましょう。
──────────────────────────────────────────── 

☆夏秋ギク

1 生育状況
  育苗・定植作業は順調に進み、生育は概ね平年並である。病害虫の発生は見られていない。 

表1 定植月日 
───────────────────────────────────
場所  年次    品種     定植月日   栽植本数  仕立て方法
───────────────────────────────────
新郷村  本年   精の一世    4月18日   4,030本/a  無摘心
    前年   精の一世    4月15日    3,468本/a   無摘心
    一昨年  精の一世    4月19日    3,550本/a   無摘心

平川市  本年   岩の白扇   4月30日   1,600本/a  2本仕立て
    前年   岩の白扇    5月 2日   3,200本/a  無摘心
     平年   岩の白扇     4月26日      -    無摘心
─────────────────────────────────── 
(注)新郷村の平年値:品種変更によりなし
        平川市の平年値:平成20年~27年の平均値

2 今後の作業
(1)芽かき
      切り花の品質向上のため、わき芽は小さいうちにかき取る。
(2)ビーナイン処理(施設栽培のみ)
      茎の伸びやすい品種では、ボリュームを向上させるため、ビーナイン顆粒水溶剤等を散布す
  る。
(3)病害虫防除
      白さび病やアブラムシ類、アザミウマ類、ハモグリバエ類が多発する時期なので、ほ場を良
  く見回り早期発見に努め、適期防除を徹底する。

        
☆秋ギク

1 今後の作業
(1)苗の養成
      採穂に当たっては、太さが揃い充実したものを選択し、長さ5cm程度に調整して、2×
  2cm程度の間隔でさし芽を行う。
(2)定植床の準備
     ア 10月出荷の作型は、6月上旬~下旬に定植できるように、計画的に作業を進める。
      イ 土壌pHの矯正及び基肥の施用は定植2週間前までに済ませ、土に十分なじませておく。
      ウ 初期の水分不足は、生育の遅れを招くので、定植の数日前に十分かん水しておく。
(3)定植
      ア  苗は、1~2cm程度発根したものを定植する。老化苗は、定植後の生育が劣るので使
    用しない。
   イ 定植した後に、軽くかん水して活着を促進する。
(4)定植後の温度管理
        日中は25℃以上にならないように管理する。


☆トルコギキョウ

1 生育状況
    越冬栽培の生育は順調に経過している。春播き栽培の定植作業は順調に行われ、生育は良好で
 ある。病害虫の発生は見られていない。

表2 定植月日
────────────────────────────────── 
場所   年次   品種   は種日     定植月日   栽植本数
──────────────────────────────────
青森市    本年   はるか    1月28日    4月  1日   3,333本/a
     前年   はるか  2月 3日  4月11日  3,333本/a
     一昨年  シュークリーム  1月30日  4月 3日  3,333本/a

田舎館村  本年   セレブピンク 2月27日    4月26日   2,800本/a
          前年     セレブピンク 2月25日  4月24日  2,805本/a
     一昨年  セレブピンク 2月24日  4月19日  2,805本/a
────────────────────────────────── 

2 今後の作業
(1)定植
      ア 9~10月出荷の作型は6月下旬までに計画的に定植する。
      イ 定植後の水分不足は、切り花品質が低下しやすくなるので、定植の数日前に十分かん水
     しておく。
      ウ 老化苗は定植後の生育が劣るので、本葉が4枚展開するまでに定植する。
(2)かん水
      発らいまではかん水して乾燥させないようにする。
(3)温度管理
      気温が25℃以上になると、生育の停滞やロゼットの要因となるので、換気などにより温度
  管理を徹底する。
(4)病害虫防除
      立枯性病害は、多肥や過湿の条件で発生しやすいので、施肥、換気、かん水などの管理を適
  正に行い、発病株は抜き取りを徹底する。

☆土づくり
  施設栽培のほ場では、肥料成分の過剰蓄積が見られるため、ほ場の準備に当たっては、土壌診断
に基づく適正な施肥を行う。

花き生産指導情報第3号は平成28年6月20日発行の予定です。
───────────────────────────────────
    春の農作業安全運動を展開中です(4月1日~5月31日)
───────────────────────────────────
    決め手は土づくり!「日本一健康な土づくり運動」展開中!
───────────────────────────────────
    農薬危害防止運動を展開中です(5月1日~8月31日)
───────────────────────────────────


花き生産情報第2号.pdf (576KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ