水稲-生産情報

稲作生産情報第6号(平成27年7月22日)

農産園芸課2015/09/03
稲作生産情報第6号(要約)
                                                          平成27年7月22日
                                            青森県「攻めの農林水産業」推進本部

 ──────────────────────────────────────
       ○ 生育が2~3日早まり、出穂期は8月上旬となる見込み。
       ○ 穂ばらみ期の水管理をしっかり行おう!
       ○ いもち病や斑点米カメムシ類の防除を徹底しよう!
 ──────────────────────────────────────

<出穂期の見通し>
  県内の出穂期は、「つがるロマン」で8月2日~6日頃、「まっしぐら」で8月2日~14日頃と予想され
る。

<水管理>
1 穂ばらみ期
(1)用水不足が懸念されるため、こまめな水管理や漏水防止に努める。
(2)高温が続く場合は、4㎝程度の浅水にし、時々水の入替えを行う。
(3)平均気温が20℃以下、又は最低気温が17℃以下になると予想される場合は、可能な限り深水管理を
行う。入水にあたっては、水田の水温が急激に低下しないよう徐々に深水とする。
    
2 出穂・開花期
(1)出穂後10日間は、最も水を必要とするので、5~6cm位の水深を保つ。
(2)平均気温20℃以下の低温が続く場合には、10㎝程度の深水にして保温する。

<病害虫防除>
1 いもち病
   葉いもちの早期発見・早期防除に努め、穂いもちの予防防除を行う。
2 斑点米カメムシ類
(1)アカヒゲホソミドリカスミカメ、アカスジカスミカメともに、適期防除を徹底する。
(2)出穂間近の畦畔等の草刈りは、斑点米カメムシ類を水田に追い込むので行わない。
(3)やむをえず出穂後に草刈りが必要となった場合は、水田に散布する殺虫剤の特性に合わせて草刈り作業
を行う。
3 薬剤散布上の注意
(1)クリーンライスや特別栽培米等は、それぞれ定めた農薬の使用計画を確認し、その範囲内で使用する。
(2)散布の際は、近隣の大豆、野菜、WCS(ホールクロップサイレージ)用イネ等の農作物に飛散しないよう十分注
意する。
(3)農薬を使用した水田では、防除効果の安定と水質汚染防止のため、散布後7日間は落水や掛け流しは行
わない。
(4)養蜂地では、蜜蜂や巣箱に農薬がかからないよう、散布前に周辺の養蜂業者に防除計画を知らせるな
ど、積極的に情報交換をする。また、ハチ類への毒性がある農薬の使用を避ける。

◎ 次回の稲作生産情報の発行予定は、9月7日(月)です。なお、稲の生育状況によっては、変更すること
があります。




稲作生産情報第6号.pdf (296KB)

お知らせ

アップル農場

資料室

水稲生育予測

水稲の出穂期や刈取時期等を、前日までの気象状況から予測できます。

つがるロマン・まっしぐら

青天の霹靂

お問い合わせ